短時間で効果がある運動

短時間で効果がある運動

あらゆる病気の予防法や健康法に、必ず勧められるのが適度な運動です。

 

これはあなたもご存知ですよね。

 

この運動というのは、ただ運動すれば良いのではなく、やり方も大切です。

 

運動は、1週間まとめて行うのではなく、毎日の生活の中に取り入れるのが理想です。

 

しかし、あなたは毎日30分のウォーキングを欠かさず実行に移せますか?

 

「できない」という人に特にオススメしたいのが自宅でできる運動です。

 

やり方次第では2、3分の運動の方が歩くよりも効果が出る場合があるほど。思い立ったときに、その場で僅かな時間で出来るというのも続けやすい理由だと思います。

 

私がやっている運動は、立ったり座ったりしながら右足と左足の膝を交互に床に着けるというもの。膝を床に着けるときは膝を内側に向けて着けます。

 

今ではこの運動を毎日50回やっていますが、始めた時は10回やるのが死にもの狂いでした。

 

今でも、2日ほどサボると50回がきつくなったりします。きつくなったと感じた時、思うのは、2、3日サボるだけでこんなになるのだから、運動も何もしないのはいかに体を衰えさせるかということです。

 

運動は体にとって大切です。短い時間でできる運動をあなたの健康法に取り入れることをお勧めします。


このページの先頭へ戻る