断食ダイエット 食べてはいけないもの

断食ダイエットで食べていけないもの

断食ダイエットで食べてはいけないもの

断食によるダイエット法をご存知でしょうか。

 

断食は絶食することですから、当然、新たなカロリーが体内に入ってこないので、痩せることができます。

 

しかし、この断食ダイエットを簡単に考えてはいけません。

 

自己流で勝手な断食ダイエットを行うと、断食後のリバウンドや最悪の場合は死んでしまうこともあるからです。

 

断食の本を読むと、断食により死んでしまった話などがポロポロと出てきます。もちろん1日や2日の断食で死ぬことは少ないでしょうが、1週間を超える断食の場合は注意が必要でしょう。

 

特に断食で死ぬ原因となるのが、断食後の復食です。

 

あなはたは断食後に何を食べて何を食べてはいけないのかをご存知でしょうか。

 

もし、知らないのであれば、危険である可能性があります。

 

では、断食後の食事で食べてはいけないものをご紹介します。

 

まずは、天ぷらや唐揚げなどの油を使った料理です。それから、チーズ、バター、マーガリン、チョコレート、甘いもの、落花生、卵、牛乳、コーヒー、アルコールなどは絶対に食べないようにようにしましょう。

 

どれぐらい食べない方が良いか。それは2日断食でも最低3日間は食べないようにしましょう。

 

また、復食には塩辛いものや味の濃いものも禁止です。味の薄いものを食べることが大切なのです。

 

これら禁止事項を守ることで、ダイエットだけでなく病院で治らなかった病気の完治や精神的に治したいことまで良くなります。

 

もっと楽なダイエットはないの?

 

ただ、こんな面倒でつらい断食ダイエットなんて嫌、というひともなかにはいらっしゃるのではないでしょうか。

断食ダイエットで食べてはいけないもの

 

やはり好きなものを食べて健康的に痩せたい。そんな方におすすめしたいのが、ホットヨガ。

 

ホットヨガは体を温め、身体の固まった筋肉や筋をグググとのばすことができ、気持ちよさを感じることができるダイエット方法です。

 

大量の汗を外に出すことにより、毒素や疲労物質を排出するため、疲れもとれ代謝も活発になります。そのため、ダイエットはもちろんですが、美容と健康にも最高との声も聞こえます。

 

激安でホットヨガを体験したい、という人はコチラをご覧ください。

 


このページの先頭へ戻る